口臭の三大原因は1,虫歯2,歯周病3,○○〇だ!

強烈な口臭の原因は、
・口の中
・のど
の環境の悪化です。例えば口の中の細菌が歯垢(磨き残し)を分解し、それが腐敗することで口臭や嫌なニオイの原因となります。
まとめると、口の中のさまざまな菌が磨き残した食べかすを腐らせることが原因で口臭が発生すると理解してもらいえるといいと思います。

 

その中でも口の中のトラブルでいうと

・虫歯
・歯周病
・舌苔(ベロが白くなっているもの)

の3つになっています。
それでは一つずつ詳しく見ていきたいと思います。

 

すぐに対策を知りたい方はこちらから

 

目次

 

口臭の原因①虫歯

口臭、絶対治る、虫歯、歯周病
多くの人が少なくとも一回はなったことがある虫歯が実は口臭の原因になります。それでは、虫歯のステージ別に原因をみていこうと思います。

 

この記事を読んだほとんどの人が予防と対策の記事も読んでいます。
→虫歯による口臭の予防と対策

 

1.磨き残しが多い

 

虫歯の原因はいろいろありますが、その中でもほとんどは歯磨きが甘いことです。
磨き残しが歯に付着したまま一日を過ごしてしまうことで、その磨き残しが腐ってしまうことで嫌なニオイを周りの人にまきちらします。
多くの人が寒い時期にマスクをすると思います。しかし、マスクと口の間に貯まった湿気がこの食べ残しが腐る進行スピードをグンとあげてしまいます。

 

例えば、出かけの時、口臭ケアのタブレットなど一時的な対策グッズを持っていない場合は、私の経験上でいうと口をゆすぎ、マスクをしている場合は変えること事をおすすめします。

 

2.虫歯が進行してしまい神経が腐ってしまっている

 

虫歯ができているが放置をしてしまった場合、その虫歯が歯をドンドン侵食してしまいます。するとやがてその虫歯が神経まで到達してしまいます。この場合は口臭が気になるとか言っていられないくらいが歯が痛くなってしまいます。
『ちょっと前まで歯が痛んだけど、最近はその痛みがなくなったから治ったのかも!』
という方、危険です。実は、神経を浸食した虫歯は次に歯茎に炎症を起こし始めます。しかし、ここに来ると不思議と痛みがなくなることもあるのですが、虫歯が治ったからではないので注意してください。

 

簡単に解説すると、神経が菌によってなくなることで痛みを感じることができなくなってしまっているのです。そうなると最悪の場合、虫歯が原因で死に至ってしまうこともあります。詳しくは→虫歯が死因!?

 

3.歯の根元に菌が入り込み膿んでしまった

 

2番の状態を放置し続けることで、神経から細菌が歯の中に入ってしまうことがあります。それが化膿することが原因で口臭や嫌な臭いを発します。簡単に言うと膿が歯の中にたまっていき、そこからニオイが発生します。虫歯は進行することで歯に穴をあけます。穴が開くことでそこがニオイのもとになります。簡単な例でいうと、生ごみにの箱にふたをせずに放置した状態ということです。

 

まずは、歯科医に行って虫歯の進行具合を見てもらい、膿を除去してもらいましょう。この段階になると、個人でできることはほとんどありません。

 

4.虫歯治療、またはその後の過ごし方が適切でなかった

 

虫歯治療をしたにもかかわらず、口臭が続いている場合は次の原因が考えられます。

 

まずは虫歯治療が合ってない。
歯と詰め物の間に隙間が出来てしまい、そこから汚れや菌がが溜まっていってしまう場合があります。これは、虫歯の悪化、さらに嫌な臭いも発生sてしまうのです。虫歯の治療後は歯科医に言われた通りに治療後に通院をすること、さらに定期健診を少なくとも3ヶ月に一回行くことで、早期発見につながり、。口臭と虫歯の予防と対策につながります。

 

次に差し歯。
差し歯とは、虫歯になった歯の上から人工の被せ物をかぶせることです。そのため、少しでも虫歯菌が残っていると、虫歯菌をかぶせ物で歯の中に閉じ込めることになります。そうすると、気付かないうちに、虫歯が進行していってしまうことで、ニオイを発します。これが口臭の原因です。

 

体が読み取る危険なサイン。
歯茎から出血したり、酸っぱい味などのサインは、この症状は虫歯がかなり深刻な状態であることを示して言います。気づいた時には、多くの場合、8割くらいの歯が虫歯で溶けてしまい、最悪、抜歯(その歯ごと抜く事)をしなくてはいけないということもあります。

 

虫歯に関する記事を読んだほとんどの人が予防と対策の記事も読んでいます。
→虫歯による口臭の予防と対策

 


東京在住の方にお勧め。カウンセリングと口臭測定を無料で!
口臭カウンセリング無料!バイオクリニック
なんと!渋谷駅からたったの徒歩3分!
口臭が気になっている方はぜひこの機会逃さないように!

 

口臭の原因②歯周病

 

この記事を読んだほとんどの人が予防と対策の記事も読んでいます。
→歯周病が原因の口臭の予防と対策

 

1.歯周病とは?

 

日本臨床歯周病学会さんの歯周病の定義を引用させてもらいます。

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。 歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。
引用元 歯周病とは - 日本臨床歯周病学会

 

実はギネスブックにも載っていて、歯周病は『世界一多い感染症』と認められています。

 

2.なぜ歯周病が口臭の原因になるのか

 

歯周病の原因はいろいろあります。

 

まず一つ目。
歯垢(しこう)と呼ばれる細菌の感染症が原因で起こる口臭です。口の中には、約500~600種類くらいの細菌が存在しています。その最近の中のおよそ20種類ほど菌が歯周病になてしまうのです。そこで歯垢を除去よする必要が出てきます。歯垢を放っておくとその歯垢が硬まっていき、歯石(しせき)というものになっていきます。一度、歯石になると歯磨きだけでは簡単に取り除くことができなくなっていきます。その結果、歯石のまわりにさらに細菌が集まって歯垢が、でき始め、歯周病がドンドン進行していきます。

 

二つ目。
意外かもしれませんが、『人から人への感染』です。実は歯周病は、恋人や子どもとの『キス』から感染したり、ついついやってしまう人もいる『一度口を付けた飲み物や食べ物の交換』をしたりすることで、細菌は唾液を通して感染していきます。例えば赤ちゃんにチューをした際、もしあなたが歯周病菌を持っていた場合、その赤ちゃんに歯周病菌を与えているということになります。

 

ここで気になるのが、歯周病は遺伝するのかという点。結論から言うと、歯周病は現段階で遺伝することは確認されていません。しかし『歯周病になりやすさ』は遺伝することがあるといわれています。例えば、歯周病菌に対する免疫力・抵抗力が弱かったり、歯垢がもともと付きやすいちおう体質は遺伝しやすいです。

 

歯周病がさらに進行すると『歯槽膿漏(しそうのうろう)』となり、口臭もさらに強くなっていきます。

 

歯槽膿漏とは歯周病の最終段階の状態のことを表します。ポケモンで例えると、ヒトカゲが歯周病とすると、リザードンが歯槽膿漏です。歯周病は最近によって歯がとけていく過程のことで、最終的には歯を支えている骨が溶かされることで歯が抜けてしまう病気です。つまり、歯槽膿漏というのは歯が抜ける病気のことです。
この段階まで歯周病が歯周病が進行してしまうと、個人でできることはないのですぐに歯科医を訪ねましょう。

 

3.今すぐできる歯周病診断~あなたの口臭は歯周病が原因?~

 

歯周病チェックは『歯の状態』で見分けましょう

 

1.歯茎が炎症を起こして、赤く腫れている。
この症状は歯周病の初期の段階です。放置することで、歯周病は深刻な病気になるので、早めの対策を心がけましょう。

 

2.歯茎の炎症が悪化し、歯茎が垂れてきて、歯の見える範囲が増えた。
歯と歯の間に隙間ができ始めます。その隙間に食べカスが挟まり、それが溜まっていくと、ニオイを発生するようになります。

 

3.押すと膿が出てくる
歯がグラグラしている状態です。段階2よりも歯の見える範囲が増えてきます。すると歯を支えていた歯茎が溶け、ついに歯が抜け落ちてしまいます。今すぐ歯医者に行く必要があります。

 

 

虫歯と歯周病ってどう違うのという方へ→虫歯と歯周病の違い

 

歯周病に関する記事を読んだほとんどの人が予防と対策の記事も読んでいます。
→歯周病が原因の口臭の予防と対策

 

口臭の原因③舌苔

1.舌苔とは?
2.なぜ口臭の原因になるのか?
3.あなたの口臭は舌苔から?簡単セルフチェック!

 

この記事を読んだほとんどの人が予防と対策の記事も読んでいます。
→舌苔が原因の口臭の予防と対策

 

1.舌苔とは?

舌苔(ぜったい)とは、舌(ベロ)に白いコケがはえたような状態になることを言います。日々生まれ変わる細胞の古いものがはがれたり、食事によってどうしても出てしまう食べカス、磨き残しによって、細菌が繁殖してしまったたとを言います。苔の色は、ほとんどの場合は白色なのですが、喫煙する方や口の中の衛生環境によって、黄色や茶黄色など様々な色になることもあります。

 

また、健康な人やしっかり磨けている人でも
疲労やストレスなど体に負担がかかることで
一時的に舌が白くなることもあります。なぜ健康な人でもなるかというと、
免疫力の低下によって口の中の細菌を殺すことができていないことが原因の一つであると考えられます。
このような場合には、しっかり睡眠と栄養をとり、まずは健康状態をよくすることを第一に考えましょう。

 

2.なぜ口臭の原因になるのか?

最大の原因は、舌の粘膜に細菌が大量に繁殖してしまうことで舌苔(ぜったい)と呼ばれる症状になってしまいます。
口の中には約5000億ほどの細菌がすみついているといわれています。
もちろんその中には、食べかすを処理してくれるいい細菌もいますが、
口臭の原因となる菌もたくさん住んでいます。
とくに舌の表面には細菌が多く住みついているということがわかっています。

 

舌苔(ぜったい)は、暴飲暴食や、睡眠不足など生活習慣が原因で起こってしまうことも結構あります。
また、歯肉炎や虫歯で細菌が増えても、舌が白くなる場合もあります。
歯肉炎や虫歯が原因の口臭対策はこちら

 

ほかにも、鼻呼吸でなく、口呼吸を主にする人にも多い口臭ともされています。口呼吸をすると自然とベロが乾燥してしまい、ニオイの原因となる菌にとって最高の環境を整えてしまうことにもなってしまっています。
例えば、普段は鼻呼吸なのに舌苔ができてしますという方は、眠っている時に口呼吸をしていませんか?
もし起きた際に
『ベロに歯のあとが付いている!』
という人は、口呼吸になっている可能性が高いです。
一般に効果があるといわれているのは
『横向きで寝る』といいとされているので試してみてください。

 

3.セルフチェック

 

・一時的な舌苔(ぜったい)
これはベロ全体がうっすらと白くなっている状態。
生活習慣を意識すれば数日で治ります。

 

・軽度の舌苔(ぜったい)
ベロの真ん中のあたりから奥のほうにかけて白くなっている状態。
一時的なものは全体がうっすら白色。
軽度の場合は、真ん中から奥にかけて白く、ベロの先端付近と両端は白くなっていない状態です

 

・中程度の舌苔(ぜったい)
軽度の状態が水と牛乳を混ぜた白さであるとすると
中度の白さは牛乳のような濃い白色です。
こりたもベロの真ん中あたりから奥のほうにかけてベロが白くなっています。
この段階に来ると、かなりニオイがきつくなってきます。
さらに、いち日のうちほとんどが口の中から異臭を放ち、相手に不快感を与えます。

 

・重度の舌苔(ぜったい)
岩に生えたコケのようにびっしりと細菌が分厚くついていて、なおかつ真っ白の状態です。
舌磨きで洗っても洗ってもすぐに白くなっていしまう場合はすぐにお医者さんに行きましょう。
この場合、免疫力がかなり低下していることが考えられます。また最悪の場合は、カンジダ症や、舌癌や口腔癌などの可能性も出てきますので、手遅れになる前に今すぐ病院へ向かいましょう。。

 

舌苔に関する記事を読んだほとんどの人が予防と対策の記事も読んでいます。
→舌苔が原因の口臭の予防と対策


 
実は口臭の原因は〇〇〇だった⁉ 誰でも簡単にできる口臭の予防 口臭と永遠に縁を切る対策!